ロカノート B面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ある朝スウプは(高橋泉)

これもよかった。
最後にクレジットを見ていて、監督が出ているのを知ったんですけど、それで急に説得力が増した。
なるほどー。と思わせる感じの人だったので。
「憎しみ」という映画も、テレビで見ていた三回目にして、「これ監督!」と教えてもらって初めて知ったんですけど、同じように、
あーなるほど。と思った。
マチュー・カソヴィッツは、「アメリ」の相手役?で出てます。
なかなかいいかんじの人ですね。
監督自身のヴィジュアルっていうのはなかなかおもしろいといつも思います。
ウエス・アンダーソン監督も線の細いかんじの男前でしたね。
べつに男前だからいいというんじゃないですが。

映画じゃないですが、中村一義の「博愛博」のDVDも見たんだけどすごくよかったです。
最初は、アクションとかに、えーなんかベタやなあー、などど思っていたのですが、アンコールあたりからもう泣きそうになってしまった。
ツアーのドキュメンタリー編も見るともう、あーそりゃああんなんなるわなあ、と納得。
私はこの人ずっとファンですが、バンドになる前のほうがよかったなと思っていて、これを見て納得した部分はあるにしてもやっぱり前の方がいい。
それでも新譜出たら即買う、数少ないミュージシャンのひとりですけど。文句いいたいわけじゃなくって、いつでも本当に好きなのだけど、前の方がもっと好きだったというだけ。
スポンサーサイト
  1. 2006/05/24(水) 23:03:53|
  2. 未分類
  3. | コメント:2
<<ニート(絲山 秋子 ) | ホーム | マゴニア(イネケ・スミツ)>>

コメント

なんかしょっちゅうおじゃまして、すみません・・・が、がまんできんようになったのでやっぱり書きます(苦笑)
「ある朝スウプは」よかったです。同じように新興宗教を描いた(高橋監督はこの映画は新興宗教を描いた映画じゃなく100%純愛映画だ、って言ってますけどね)是枝監督の「ディスタンス」より、リアルっていうか、だれにでも「すぐそば」にある何かを感じました。タイトルもいいし。
あ、けど監督ってどこに出てたんかな? 監督のビジュアル!・・・わたしも気になります(笑)
それと最近気づいたんだけど、わたし90分の映画ってすきです。「ある朝スウプは」も、この前の「クレールの刺繍」もそうだったし、昨日みたドキュメント「炎のジプシーブラス」も。(泥だらけの長靴履いて演奏してるファンファーレ・チョカリーアがすごくよかった)おっと、長くなってすまんです。
  1. URL |
  2. 2006/05/25(木) 15:47:24 |
  3. nina #jwHeLzq6
  4. [ 編集]

コメントつけてくれるの私は好きですよ。どんどんつけてください。
監督は、宗教の人の役。眼鏡でスーツの。普通の服のときはDJ KRUSHにちょっと似てると思った。私この人の顔すごく好きなの。言ってることも好きですが。
  1. URL |
  2. 2006/05/25(木) 21:46:43 |
  3. st #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

st

Author:st
room cafe ロカ
大阪市西区新町1-29-16 第五中村興産ビル 中地階
06-6532-1524

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。