FC2ブログ

ロカノート B面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鈴木いづみコレクション8

最近ちょっと、書くペースが遅いですけど。
飽きたからというわけではなく、忙しいからです。
昼忙しいのはいつものことだけど、夜もまあまあ忙しいので、
昼も夜も、となれば、終わったら一刻も早く帰りたくなる。
お店の仕事なら、しんどくても多少無理しますけど。
こういうことで無理したり、重荷に感じたりするのは嫌だしね。

久しぶりに本の話。
鈴木いづみのピンクの全集は、ずっとそろえようと思いつつ、
なかなかそろえられないでいるのですが。
この前珍しくブックオフに売ってたので、8を買いました。
主に対談なんだけど、とてもおもしろかった。
好きな作家の、小説やエッセイじゃなくて対談を読むのは、
またちがった楽しみになっていいですね。

この人と阿部薫の話が、「エンドレス・ワルツ」という映画になっていましたが。
阿部薫役の町田康はもともと好きだしいいとして、鈴木いづみ役の女の子が、名前忘れたけど、なんかもうひとつだったんですね。
もうちょっと、いい人がなかったのかなあと思いました。
映画自体も、悪くはないけど、そんなに好きではなかった。
監督は若松孝二。

鈴木いづみという人は元ピンク女優というだけあって、
わりと派手で女くさい人なんですけど(ほめてます)。
こういうインテリっていうのはちょっと好きだなあ。
あと中島らもとかね。
やっぱりまず人間的に魅力があって、そこに知性があると魅力の深みが増す。みたいな。
ただのインテリはあんまり好きじゃないですね、私は。
だいたい、世の中の大半の人は、知識や教養を重く見すぎてませんか?
私は、軽んじすぎるかもしれないですけど。
軽んじすぎるっていう言葉づかい変かな。
まあいいか。
勉強できたって、べつにいいことないと思うんだけどなあ。
どうなんですかねえ。

スポンサーサイト
  1. 2005/12/20(火) 22:35:48|
  2. 未分類
  3. | コメント:2
<<ポビーとディンガン | ホーム | ロカに合う、ラテン>>

コメント

その映画は観たことないけれど、阿部薫は30年ほど前(確か札幌で)ライブ聴きました。友人の知りあいかなんかで、気楽に出かけて聴いた覚えがある。亡くなった後、どんどん伝説化してしまったミュージシャンやけど。
  1. URL |
  2. 2005/12/21(水) 12:05:01 |
  3. hobodai #-
  4. [ 編集]

うらやましいです。
ピンクフラミンゴをリアルタイムで見た話とか。
私には実際無理なんだけど、それならせめて今見れるおもしろいものはせいぜい見とかないとな。と思います。
  1. URL |
  2. 2005/12/21(水) 22:07:35 |
  3. st #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

st

Author:st
room cafe ロカ
大阪市西区新町1-29-16 第五中村興産ビル 中地階
06-6532-1524

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。