FC2ブログ

ロカノート B面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いろいろと

今日は夕方から、マリーナ・ショウのアルバムを聴いています。
私こういうの(70年代のソウルとかちょっとファンキーなかっこいいやつ)は意外と昔から好きです。たぶんボサノヴァとかよりなじみは古い。
でもフュージョンぽいのとディスコぽいのはあんまり好きじゃないかな。

「キング 罪の王」も「エコール」も見に行けずだったな。
ビデオも最近見ていないです。
だいぶ前に見たんだけど、「愛の神、エロス」ていうオムニバス映画が、あまり期待していなかったわりには良かった。
ウオン・カーウアイの最近の映画そういいと思ってなかったけど、見直したくなりました。
それと私の好きなSABU監督の「疾走」。
これは逆に期待してたわりにはあんまりだった。
あとで知ったら原作ものだったんですね。
この原作、この監督に合わないんじゃないの?って、ちょっとえらそうだけど思ってしまった。
次に期待。かな。

今、鈴木大拙の禅の本を読んでいるんだけど、二度目なのに、しかもたぶん一年くらいしかあいてないのに、ほとんど覚えていない。
たまーに、「あ、知ってる」て思うくらいで。
なんだかなあ。

今日はインフルエンザの予防接種を打ちました。
風邪ひかないように気を付けます。
皆様も。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/12(火) 21:09:48|
  2. 未分類
  3. | コメント:4
<<おいしいお出かけ | ホーム | かもめ食堂>>

コメント

「愛の神、エロス」三作の中では わたしもウオン・カーウァイのが一番よかったです。
役者もよかったですしね。
この間ガス・ヴァン・サントの「ラストデイズ」観たけど、しんどい時にはちょっときつい映画でした。
いつかst chanが書いてはったみたいに、きもちがダウンしてるときは、あかるいもの、ですね。やっぱ。
その点フィンランドの「ペリカンマン」は子ども向きジャンルに入ってたけど、なんかいいかんじでした。
フィンランドの映画って不思議にいいですね。
  1. URL |
  2. 2006/12/14(木) 11:30:13 |
  3. nina #jwHeLzq6
  4. [ 編集]

愛の神エロス、一,二,三話の順でよかったです。私は。
二もわりと好きでした。
「ペリカンマン」?初めて聞きました。おもしろそう。
  1. URL |
  2. 2006/12/15(金) 20:32:36 |
  3. st #-
  4. [ 編集]

ファンだとおっしゃる映画監督アルノー・デプレシャンの本が、出たんですね。「すべては映画のために!」という発言集。タイトルもすごいけど、出版社の名前が「港の人」というのが、これまたすごいです。
私はまだ「キング&クイーン」すら見ていないので、それを見てから読みたいな。もし読んでいたら、感想聞かせてくださいね。
  1. URL |
  2. 2006/12/20(水) 10:42:54 |
  3. きょうこ #-
  4. [ 編集]

その本、読みたいなと思いつつ、映画館で売ってたんだけど買いそびれました。キングス&クイーンはちょっと前にもうDVD出てましたよ。早、っていうか大阪の公開が遅すぎ。
  1. URL |
  2. 2006/12/21(木) 21:12:02 |
  3. st #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

st

Author:st
room cafe ロカ
大阪市西区新町1-29-16 第五中村興産ビル 中地階
06-6532-1524

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。