ロカノート B面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

厄払いは行きません

ここ何日かは家では双葉双一をずっと聞いています。
なんか今の気分にフィット。

sufian stevens とdenison witmerはよく似ている。
と今日思いました。
どちらも良いです。

普通に感動しちゃった、ビデオ、三本。
「近松物語」(溝口健二)
「あの子を探して」(チャン・イーモウ)
「天国と地獄」(黒澤明)

今日はメモ程度で・・・
スポンサーサイト
  1. 2006/01/28(土) 23:59:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モーマスさん?

ねむいし、さむいし。
やる気がないよ。と思っていたら、
目が覚めるような嬉しいことがありましたよ。

モーマスに会っちゃったよ!
ミュージシャンですよ。
日本ではカヒミさんとの仕事で有名?
私はけっこうファンで、高校生の時サインもらったことあるんですよ。

びっくりしたわ。だってロカでですよ。
「なんでこんなとこに?」って間抜けな質問しちゃったわ。
期間限定で大阪に住んでいるんだそうです。

2月5日にライブがあるとのことなので、
「行けたら行きます!」って言ってたんだけど、
その日は友達の家で鍋をする約束、しかも二ヶ月も前から決まってたし。無理だなあ。

昨日、南船場の服屋のeuさんが、ヴィンセント・ギャロに会った、
と言う話を聞いて、緑さんといいなあーって言ってたんですけど。
今日私たちはモーマスに会ったよ。
なんかおかしなことになっている。大阪。
もっとおかしなことに。
なってほしいけどどうでしょうね。
  1. 2006/01/27(金) 21:51:30|
  2. 未分類
  3. | コメント:5

初、東京、メモ

日曜日、東京行ってきました。実は初めて。
ディズニーランドなら行ったことあるんだけど。

「人多い」っていう噂だし。
別に行って見たいものも特にあるわけじゃないし。
行ってそんなに楽しめるとも思えない。
と、ずっと思ってたんですけど、結構楽しかった。
ほとんど何にもしてないんですけどね。
仕事で行ったので。

東京着いたら雪つもっててびっくりした。
六本木ヒルズ内で仕事を終えて。
疲れておなか空いたし駅の近くでインドカレーを食べて。
外へ出たらもう暗かった。
ほんとは、神保町とか下北沢とか、何か私の好きなものがありそうなところへ行ってみたかったのだけど、乗り換えとかしてるとあんまり時間もないしあきらめた。
東京駅に戻って、どこに何があるかもさっぱりわからないので、
近くの丸ビルでうろうろして時間をつぶす。
ピアスを買った。
それだけ。
でもなんか、新幹線乗ったり、知らないとこで地下鉄乗ったり、
それだけでわくわくして旅行気分だし。
あと道を聞いたりした人がみんな感じよく教えてくれたので、
それも印象よかったわ。
偏見持ってたことを反省。
ごめん、東京。
また行くことあるかもしれないので次もよろしくね。
  1. 2006/01/24(火) 21:40:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

小論文「サイケ」

私は基本的に「サイケなもの」って好きです。
サイケって何でしょう。
絞り染めTシャツとベルボトム?
ジェファーソン・エアプレインのポスター?
ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのライブのライティング?

いろんなサイケがありますが。
ここでは広く「時空を歪ませるもの」と定義したい。
そういう意味では。
音楽だったら、ピンクフロイドとかだけじゃなく、
私の好きな、キセルやさかな、ジョアンナ・ニューサム、
マチュー・ボガートもサイケ。

恋愛もサイケ。
村上春樹の本も。
うっとりするほどおいしいマンゴーも。
歌うこと、演奏することも。
あえて言わない、あんなこともこんなことも。

サイケな人。というのもいます。
まわりのリアリティを剥奪してしまうような。
たとえば蛭子さんとか。
そんな人に私はなりたい。
(蛭子さんのような人、という意味ではなく。)

それから、草間彌生の車。超サイケ。
心斎橋のギャラリーの前で何年か前に見ましたが、
どこの会場で見た作品よりもインパクトがあった。
やよいちゃん本人と、著作も。サイケ。

家の中をサイケで埋め尽くそう。
と書いたのは、山本精一さんでしたが。
(「ギンガ」っていう本。最高。)
こうしてみると、家の中も、家の外も、
私の、あなたの、行く先にはサイケがいっぱい。
ぐにゃぐにゃになった時間と空間のなかで戯れよう。
さあ。お楽しみはこれからです。

  1. 2006/01/21(土) 21:30:58|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

ピクルスのはなし

ピクルスっておいしいですね。
私はお店を始めるまで作ったことがなかったですが。
お正月休みに気がついた。
野菜が余った時に便利!
全部ピクルスにしちゃったらいいんです。

作り方は簡単。
野菜は適当な大きさに切って塩をして30分ほどおく。
お酢と砂糖、スパイス類を火にかけて砂糖をとかす。
お店で作っているのは、緑さんに教えてもらったレシピで、
ローリエ、キャラウェイ、粒こしょう、クローブが入ります。
家にはなかったので唐辛子とこしょうだけで作ってみたけど十分おいしかった。
野菜の水気を切って、合わせた液に漬ける。
室温で2,3時間でできあがり。
保存は冷蔵庫で。一ヶ月くらいはもちますね。
漬かりすぎて酸っぱくなったら、サンドイッチやタルタルソースに。
ポテトサラダなんかに入れてもおいしいですね。

生で食べられないものはさっとゆでて。
だいたいの野菜はいけるんじゃないですか?
芋類はちょっと合わなさそう?
キノコ類は、どうかなあ、エリンギとか歯ごたえのあるものならいけるかなあ。でもオイルでマリネした方が合いそう。
菜っ葉類も、意外といけそうに思いますが。どうでしょう。

というわけで。
隠れ酸っぱいもの好きの皆さん。
(別に隠れなくてもいいですが。宣言する機会もあまりないですね。
私は何人か知ってますけど。)
これからは、余った野菜はピクルスに。
おいしいよ。自家製。
  1. 2006/01/19(木) 21:57:14|
  2. 未分類
  3. | コメント:1

今日から始まる

ninaさんに教えてもらった、「今日から始まる」(ベルトラン・タヴェルニエ)を見ました。
なかなかよかった。
やっぱり、日本でもフランスでもどこでも、問題はいっぱいありますねえ。
知らないというわけにはいかず。
でもあんまり悲観的にはなりたくない。
とりあえず毎日の仕事や家のことをしっかりやって。
近くに困っている人がいたらできるだけ手を貸すようにする。
それができてから、大きなことは考えるかな。
私はそのくらいしかできない。
自分の生活を自分で責任とれるようにするので精一杯。

もうひとつ。
「揮発性の女」(熊切和嘉)
これも、明るい話じゃないと思うんだけど、なんかおかしいし、
見終わって爽やかな感動が残るんですね。
うまいなあ。
前作の「アンテナ」はそんなに好きじゃなかったけど、これは好き。

うまいといえばもうひとつ。
「ライフ・アクアティック」(ウェス・アンダーソン)
これもおかしい。
こういうのって、なかなかできないよなあと思います。
この監督にもがんばってほしいなあ。
  1. 2006/01/16(月) 21:36:24|
  2. 未分類
  3. | コメント:3

愛より強い旅

休み中に見ました。
まあまあ、かなあ?
トニー・ガトリフ監督だったら、ほかにもうちょっと好きなものがあるかな。
ロマン・デュリスが、いいかんじになってますね。
まえは不思議くんっぽかったけど。
今でもちょっとそんなかんじだけど。

その時に、肥後橋のサトゥールというお店でランチを食べたんだけど、とてもおいしかった。
最近フレンチが続いていたんだけど、そのなかでは一番よかった。
ボリュームもあるし、デザートまで全部おいしい。
なかなか、大満足!というお店には出会わないものだけど、ここは私は気に入りました。

もうひとつ気に入ったお店があって。
日本橋のパティスリー・プルミエールというケーキやさん。
ここもおいしかった。
私はチョコレートクリームのタルトを食べたんだけど、ちょっと感動するくらいでした。
他のケーキもどれもおいしそうだった。
またいろんなのを食べてみたいなー。

おいしいお店に出会うと、私もがんばろうっと!っていう気になりますね。
でもほんと、何度も通いたくなるようなお店はなかなかないです。
連休中に二つも見つけて嬉しいな。
  1. 2006/01/11(水) 23:01:35|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

芥川賞の行方

今日の朝、昨日の新聞を読んでいたら、
松尾スズキが芥川賞候補になっていて、ちょっとびっくりした。

びっくりしなくてもいいかも?
綿矢りさ(読んでないけど)とかがとるくらいなら、ありかなあ。
すごくエンターテイメントしてるし。
実は、日本の純「だめ人間」文学の系譜。ていう気もする。
自信ないけど。それに候補作読んでないけど。

私はわりと好きです。
でも、最初、ぴあのコラムで見たときにはあまり好きじゃなかった。
今でも、好きと言いきれない部分もちょっとだけある。
なんだろう、それって。
言葉にしてみようかと考えたけどやめとく。
松尾さんは、ネットで偉そうなこと言うブスは嫌いらしいし。
かわいかったらいいんだって。
一瞬、なにそれ、と思ったけど、よく考えたら私も同じ意見。
かわいい子は何しても許されるって思ってるとこ、あるね。

発表は17日だったかな。
芥川賞の発表なんてあんまり気にしたことなかったけど、楽しみ。
  1. 2006/01/06(金) 23:38:54|
  2. 未分類
  3. | コメント:3

あけまして

おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

年末は緑さんも私も同じようなこと書いてておもしろかった。
年末の挨拶なんて似たようなものってことかな。

仕事始めがゆううつで困った、と思っていたら、
調子がlowなかんじ。
hello,hello,how low?
小さいlowだといいなあ。

休み中に見たビデオ。
よかったもの。

「死ぬまでにしたい10のこと」
「バティニョールおじさん」

あんまりよくなかったもの。

「DOLLS」
「太陽と月に背いて」
「シェフと素顔と、おいしい時間」

どちらでもないもの。

「オープニング・ナイト」

  1. 2006/01/05(木) 22:04:50|
  2. 未分類
  3. | コメント:7

プロフィール

st

Author:st
room cafe ロカ
大阪市西区新町1-29-16 第五中村興産ビル 中地階
06-6532-1524

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。